今日は穀潰し

穀潰しにならないように頑張ります。パン派です。

TOEIC660点から1ヶ月で800点まで上げる方法・・・・・・・・・・・・を考えます

スポンサーリンク

本日10月31日世間はハロウィーン。

さて12月13日のTOEICテストまで残すところあと40日ちょっととなってしまった。

何週間か前に全部に本気で取り組む。なんて宣言をしてみたのだけれど、実のところ英語にほとんど時間を避けていなかった。

ここで自分への戒めと改めてなにをやるのかを明確にする。備忘録として書き記してみる。

 

 

660→660→800!

2014年3月に受けた試験では660点

2015年3月に受けた試験ではまたしても660点。それもリスニングとリーディングの配点も変わっていなかった。

正直これはどちらの結果もすごく不本意である。大学入試直後だったらともすれば800点くらい届いたかもしれないくらいの力はあったのに、年月とともに英語力が衰えてしまったことを僕は憂いている。すごく負け惜しみみたいだ。

今回の12月の試験で4年間の集大成を見せてやる!!

800点をとってやる!

1日に使える時間

よく巷でも2ヶ月で300点伸ばした方法!だとか言っているけど、2ヶ月の間1日中丸々勉強に費やせていたのか、それとも1日2時間とか限られた時間の中で取り組んでいたのかわからない。穿った言い方をすればズルいんだ。

”偏差値40から半年で70に上げた勉強方法”的なズルさ。絶対違う模試だろこれって思う。

2ヶ月間1日8時間勉強して300点上げるのと6ヶ月間1日1時間勉強して300点上げるのでは後者のほうが優れていると思っている。思っているというか実際そうだ。

 

僕の一日に使える時間は2時間とする。休日は4時間とする。だから1週間で18時間だ。試験日まででは108時間だ。たまたま煩悩の数と一緒になった!!煩悩に惑わされずしっかり勉強しろよってことだろうか?

 

ちなみに巷では700点→800点にするまでの勉強時間目安は350~400時間となっている。ということは4倍以上の効率で勉強することが求められるわけだ。…え?キツぅ…

 

やること

基本的には単語と過去問。この二つのみに絞る!

単語

 TOEIC(R)TEST英単語スピードマスターNEW EDITION

TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター NEW EDITION

TOEIC(R)TEST英単語スピードマスター NEW EDITION

 
 ステップ1(1週間)

基本動詞、基本名詞、基本形容詞・副詞合計500個を1週間で覚える。この中には本当に基本的な語もかなり含まれているので割とこなせそうだ。(favorite,opportunityとかとか)1周目で確実に分かる単語ははねておく。わからないor即答できないものにのみチェックをつける。

(実際にチェックつけたら239個だった。)

 

ステップ2(4週間)

ビジネス語32テーマ+生活語16テーマの48テーマを4週間で終わらせる。1週間で12テーマ、結構キビシイ…

ここでも1周目で明らかなものははねておき、また取り掛かる単語も800点クラスの単語までに限定する。といってもこれでもかなりある。

 

ステップ3(1週間)

イディオム。200個。

 

 

これと並行して過去問に出てきた単語はノートにまとめ覚える。

前の週までにやった単語も週に2~3回くらいは復習できるようにする。

これらがおそらく1週間分の範囲にかかる時間は1周15~20分。これを1日3回回す。

 

過去問

1回2時間なのでかなり時間が限られる。

リスニングパートとリーディングパートに分けて週に2回分やっていく。

集中力が本番と変わってしまうのはいささか残念ではあるが致し方ない。

試験までに10回か。少し心許ない。

試験時間2×2=4時間

復讐時間3×2=6時間

こんなもんだろうか。実際は復讐にもっとかかる気がするが、週の合計時間からするとこのくらいしか割くことができない。

成功の鍵は・・・

正しい生活習慣が握っている!!はず!

なのでまずは早寝早起きから始める。

使える時間の密度を最高に高めて行くことが一番効率がいい、はず!!

 

 

ということで結果発表がくる1月にまた振り返りをしたいと思う。以上!

 

広告を非表示にする