今日は穀潰し

穀潰しにならないように頑張ります。パン派です。

クソ記事のブコメを見たくなる感覚、ポーカーのあの感覚と酷似しているな

糞記事は尽きない…

 

最近になってはてブのテクノロジーカテゴリーをよく見るようになった。

 

ブログをガッツリ書いていた頃は全然気にしていませんでしたが、ただのブロガーの記事がテクノロジーカテゴリーに入ってくると、クソ腹立つ。

就活のときの「インターン経験有無」の欄に、3daysインターンの経験を書いちゃう感じだ。

いや、それインターンじゃなくてちょっと長めの説明選考会だから!

 

 

そんなときは、そのブックマークに飛んでこっそり暮らしカテゴリーに変更するという慈善行為をして回っています、米食い太郎です。

 

糞記事をみるとある衝動に駆られてしまう…

 

そんなわけで、よくクソ記事を見ることも多い、良くない状態なわけだ。

「これ完全にクソ記事だろ〜言ってることめちゃくちゃだし、結論間違ってるし、なんでこれがホットエントリーに上がってるのか意味不明。」みたいな感覚になります。

さながらM-1ジャルジャルの漫才を見たときの中田カウスの心境です。(ってそれだったら俺が老害なだけじゃないか、撤回。危ない危ない)

 

 

そんなクソ記事をはてブで見たとき、ブコメを確認したくなる。

 

 

「俺はクソ記事を感じたんだけど、これは俺が異端なの?」

ってことを確認するためです。

それで、基本的には自分がそう思ったときは大抵ブコメもネガティブコメントの嵐だったりします。

 

わかってるんです。

見なくとも、おそらくこれはクソ記事だとみんなが思ってるだろうってのはわかってるんです。

でも確認したい。この気持ち。

 

これポーカーで相手の手札見たさに強引に勝負仕掛けちゃう心理と一緒ですよね。

 

 

「多分相手は強い役。ホントは降りたほうがいいんだけど、でも手札を見たい。相手のリアクション的に強い役だと思った自分の感覚の答え合わせをしたい!仮に勝負に負けたとしても、この答え合わせができることで、今後の勝負の参考材料になるから!」

 

っていう心情に酷似していると思うんですね。

 

大抵そういうキャラは負けると決まっています。

ドハマリするタイプのやつです。

超強い主人公の仲間ポジションで、強い主人公を際立たせるために、凡人の考えをして、破滅しかけるタイプのキャラです。

でもちゃんとその後ギリギリのところで耐えて、かつ物語の後半の方ではいつの間にかかなり強くなっています。

 

その逆の原理もまた然り

 

それはさておき、逆のパターンもあります。

この記事はいいこと言ってるやん。って思ってブコメを見てみたら、荒れていたりすると、「あーやっぱこれクソかもしれない。。。」って思い直すということもあります。

 

これFC2で動画を見てるときにうっかりコメントをオンにしてしまって、始まった瞬間に

「こいつの鼻無理だわ」

「絶妙なラインでブス」

「しゃくれで全部台無し」

とかのコメントが流れてきてしまうと一気に萎えるのと同じ原理ですね。

f:id:komekui:20170504000504p:plain

 

つまり僕らの意見、考えってのは常に他人の意見、考えに影響されるんですよね、この体験を持って僕は実感できました。

 

 

Amazonダッシュボタンは友達にふざけて勝手に押されるのが怖い

友達「出た!Amazonダッシュボタン!俺これ持ってる人始めてみたわー」

 

僕「まあな」

 

友達「一回これ押すよ?」

 

僕「いや、やめろよ」

 

友達「一回だけ、一回だけ」

 

僕「一回とかいう問題じゃないから!」

 

友達「じゃあ本当に押すよ?」

 

僕「じゃあってなんだよ!

ちょ、お前ホントやめろや!ほんとにやめて?ほんとに、ほんとに」

 

 

友達「あーやべ2回押しちゃった〜」

 

僕「ちょ、お前ふざけんなよ〜」

 

 

これが容易に想像できるから購入に踏み出せない。。。

 

カテキン緑茶 Dash Button

カテキン緑茶 Dash Button

 

 

老害の「若い時の苦労は買ってでもせよ」を物理学的に解説してあげる

「若い時の苦労は買ってでもせよ」

という言葉がある。

 

これを初老の上司に言われたらなんだかムカついて、すんなり自分の中に入ってこないと思う。

それくらいに僕はまだ若い。

でもよくよく考えると、当たり前っちゃあ当たり前のことでもある。正しいことだ。

にもかかわらずなぜ、拒絶感があるのか。

それはひとえにその上司が、根性論や精神論を唱えるがごとくこの言葉を使っているからだ。

理系な僕は、熱い根性論精神論なんかより、もっとロジカルな説明に心動かされる。

 

心のなかではわかっているのだ、このことわざが真理であると。

しかし、その説明をあえてロジカルにその上司から改めて聞きたい。

ということで、この言葉に嫌悪感を抱く若者、そしてロジカルに説明できない大人たちへ向けて、

「若い時の苦労は買ってでもせよ」

が正しいことを物理学の観点から説明してみる。

 

物理学と言っても高校物理の範囲だ。いきってると批判しないで欲しい。

 

解説

 

加速度と速度と距離の関係がある。

これを使って説明する。

 

これらを仕事と結びつけて考えてみる。

加速度は成長度、速度は年収、距離は貯金だ。

単位をつけるならば、

成長度 [円/年*年]

年収  [円/年]

貯金  [円]

だ。

(貯金は収入-支出だが、ここでは便宜的に収入の合計を貯金とする(生涯年収と置き換えてくれればいい))

もう少し付け加えるなら、成長度≒年収増加率であり、年収≒能力だ。

 

ここからはちょっと自分でも説明があまり上手く出来ていないと思うので、よくわからない人は一旦飛ばして、「つまり」の見出しまで進んで欲しい。

 

物理の話

努力と成長度の関係

以下の公式がある。

 

F = ma 

(力) = (質量) × (加速度)

 

これが有名な運動方程式と言われる式だ。

F(力)は努力と変換する。

m(質量)は関係ない、ただの係数とする。

この式が言いたいことは以下のことだ。

  

◯力を加えれば加えるほど、加速度は増加する。

(=努力(苦労)をすればするほど、成長度は大きくなる)

 

年収と成長度の関係

次に、この式がある。

 

v = v0+∫atdt

(速度) = (初速度) + (加速度) × (時間)

 

この式が表すことは、

◯速度は、加速度×時間に比例して増加する

(=年収は、努力×時間に比例して増加する)

◯加速度が0ならば、速度は初速度(計測開始時点の速度)のまま

(=努力しなければ、年収は変わらない)

 

貯金と年収の関係

最後にいちばん重要なこの式である。

 

s = s0 + ∫vtdt

 

この式でが表していることは、

◯距離は、初期位置と速度の積分を足し合わせたもの

(=貯金は、初期貯金額と、その年毎の年収×年数を足し合わせたもの)

 

物理をたしなんでいる人は、ここで「はは〜ん、そういうことね」と思ってくれていることだろう。

 

つまり

 

これらの式は、図で表すことができる。

均等に苦労(努力)した場合

たとえば、40年間均等に苦労(努力)したときは、以下の図で表せる。

 

f:id:komekui:20170103023211p:plain

 

この面積が生涯年収を表す。

この人は生涯に渡って均等に苦労してきている。

このモデルでは、最終的に年収が1100万円になり

生涯年収は、2.84億円になる。

すばらしいお人だ。

 

 若い時に苦労(努力)した人

一方で、「若いときの苦労を買ってでもした」モデルは以下の図で表せる。

 

f:id:komekui:20170103023312p:plain

 

20代のうちは人の3倍の苦労をする。

30代になってからは、人の半分の苦労をする。

50代になってからは、人の4分の1の苦労をする。

総苦労値は1番目のモデルより若干少ない。

この人で生涯年収3.6億円だ。

 

若い時にかなり苦労(努力)した人

最後に、「若い時の苦労は買ってでもせよ」を極端にした人のモデルは以下で表せる。

 

f:id:komekui:20170103023420p:plain

 

8年間だけ人の5倍苦労して、その後は全く苦労をしない人のモデル。

総苦労値は1番目のモデルと同じだ。

この人の生涯年収は4.12億円だ。

 

 

どの3人も総苦労値はほぼ変わらない。

そして、最終的に到達する年収は1100万円とこれも変わらない。

しかし、どの段階でその年収に到達するのかによってこうも生涯年収が変わってくるものだ。

 

これが「若い時の苦労は買ってでもせよ」の論理の正体ではないか。

 

日常生活への教訓

最後に、これをもっと日常的なことがらに落とし込んでみる。

 

諸々の手続き

今や情報社会と言われ、手続きをしない人はいないんじゃないか。

引越しの際の転入転出届、ネット契約、電気代ガス代自動引き落とし。

確定申告、免許更新、資格試験の申し込み。。。

などなど、日常には様々な手続きが潜んでいる。

郵便受けを見て「あーなんか届いてるなー週末にやろ」という人はどツボにはまっている。

面倒くさい手続きなぞ、その瞬間にやらなければ、やりたいタイミングなぞないのだ。

それに、どうせやるのならば、今やろうが、週末にやろうが、締切期限を過ぎて多めにお金を払わなくてはいけない段階でやろうが、その手間は変わらないのだ。(もっと言えば、期限を過ぎた際は手間もかかるし、得られる対価も減るのでいいことがない)

 

そう、手続きができる状態になった”今”やらない理由はないのだ。

一度やってしまえば、「週末にあれをやらないとな~」という脳の無駄な記憶容量も削除できる。いいことづくめだ。

 

掃除

掃除は、いつしようが、労力は同じである。

しかし、先に掃除を済ましてしまえば、キレイな状態でいる時間が長くなる。

前述の先に年収を上げてしまって、年収が高い状態を保つとうことと同じ考えだ。

それに、こと掃除の場合は、時間が経てば経つほどに、その複雑度は増していく。

 

チームでのコミュニケーションはその人数が増える事によって、直線的以上にコミュニケーションの難易度も上がっていく。

3人チームの場合は、人と人とを結ぶコミュニケーションの線は3本だが、チームが倍の6人になると、線の数は5倍の15本にもなる。

これと同じことが掃除にも言えると思います。

 

 

まとめ

「今やろうが後でやろうが、どっちみち労力は変わらないなら、今やる。」

これを意識しだしてから、様々なことを先に先にとやるようになりました。

そうすると、驚く程生活にゆとりができました。

そして頭の中も常にクリアになっている気がします。

みなさん是非実践してみてくださいな。

それでは。

若い時に知っておきたい運動・健康とからだの秘密

若い時に知っておきたい運動・健康とからだの秘密

 

 

オナ禁を1か月以上続けることで獲得できるのは「矜持」以外の何者でもない

f:id:komekui:20170101202119j:plain

2017年の目標として、ぜひオナ禁を掲げる人が一人でも増えてくれたらいいという思いで書いてみる。

 

まずはこれを読んでほしい。

www.stoicman.site

 

オナ禁をするメリットをまずは自分で見出してほしい。

その上で自分の観点からオナ禁によって得られるものをお伝えできれば幸いだ。

 

 

オナ禁1か月

 

1か月というのは一つの節目だ。

いわゆる「大台に乗った」といえるのはここら辺の日数あたりからだろう。

 

この大台に乗ると、何が変わってくるか?

ひとえに「精神」だ。

もちろん身体的メリットもある。が、それはあくまで副産物に過ぎない。というのが僕の感覚だった。

 

「何かを自制している」という状態が何よりも自信になった。

死にそうなくらいきつい練習をしている部活生や、寝る間も惜しんで勉強している研究者、それと同じくらいの矜持が湧き出てくる。

 

これは根拠のない自信なのだろうか?

中身の伴わない自信なのだろうか?

 

僕はそうは思わない。

戦うフィールドは違えど、頑張るベクトルは違えど、その根底にあるのは「自制心」なのではないか。

上記、部活生や研究生でも、ことオナ禁に関しては自分に対してストイックになれているとも限らない。

それは僕が部活・研究にストイックになっていないのと同様だ。

まったくもって対等と言っていい。

それがたまたまその人の能力が生かせる場所で「自制心」を働かせているだけで、そこに貴賤はないはずだ。

 

たまに運動も勉強も仕事もできて、ルックスもいけてるし人間関係もうまいなんていうスーパープレイヤーがいる。

彼らはたまたま能力が多めに振られていたのではなく、それを獲得していったのだ。

なぜ獲得できたか?

それはひとえに矜持のためだと思う。

自分がイケメンで、運動もできて頭がよく仕事もできるように生まれたら、どうせならファッションとかにも気を使って「完璧な人間」を目指してみてくなるんじゃないかと思う。

それはイケメンで運動もできて頭がよく仕事もできるという自分に対する「矜持」がそうさせている。

 

では、そうでない人は、ここを目指せないのかというと、そうではない。

そこで白羽の矢が立つのがオナ禁だ。

オナ禁によりまずは、自分の中に「矜持」を獲得する。

前述の、イケメンで運動もできて頭がよく仕事もできるという自分に対する「矜持」と同様に、オナ禁を1か月間続けているという自分に対する「矜持」が湧き出ることを保障する。

 

「自分が自分であること」に自信を持てるようになることを保障する。

鬱気味になっている人がいるならば、まずオナ禁をしてみてほしい。

 

その獲得した「矜持」をどの方向に展開していくかは、それぞれのスタイルによる。

本来はオナ禁は目的ではなく、手段とするのが理想だとは思う。

例えば、筋トレ、仕事、モテたいなど、目的があって、その手段がオナ禁というのが望ましい。が、オナ禁を目的としてもその効能は十二分に感じられると思う。

 

 

さて、私としては、これを読んだ人の2017年の目標にオナ禁が加わることを願わんばかりだ。

ガッキーのおっぱいを見られたら、それは果たして幸せなことのか?

マジックの種を知ること

一旦前座です。

結論を急ぐ人は読み飛ばしてください。

 

先日、間近でプロのマジックを初めて見ました。

 

一時期マジックにはまっていたこともあり、簡単なマジックならば、種は知ってしまっているという状態だったんですね。

このマジックどうなってんの~?

その好奇心に突き動かされてネットで種を探しに探して、ようやく見つけて、そのときは「ほえ~そんなことになってんのね~」と感心して満足感に満ち溢れたんです。

一般的にわかりやすい例で言うと、アイドルの流出写真を見つけた感覚ですよね、おそらく。(僕はそういうの疎いんでわかりませんが)

 

しかし、先日間近で見たマジックはまさにその種を使っているものでした。

本来であれば、

「出た~~テレビでよくあるやつ~~!!マジで間近で見ても全然わからない!!!どうなってんの??本当にこの人は、この人だけは”魔法”というものを本当に使えるんじゃないか?もしかして」

というリアクションをできたはずなものを、お酒が入るといっつも同じ話をする上司の、3回くらい聞いた話を初めて聞く体のときのリアクションになってしまいました。

 

マジシャンもちょっと困惑していました。

「あれ?これ鉄板なんだけど?」つって。「ここ笑うところですよ」的な雰囲気を醸し出していたりするもんです。

 

終始、「あーなんか知ってる、一回種明かしみたことあるような気がするな~このマジック」という気持ちで見てしまったのです。

 

 

 

ここでようやく僕は自分が不幸な身体に変わってしまっていたことを発見しました。

 

 

純粋にカードが消えることを不思議に思い、「これは本当に魔法。」と信じていた頃の自分はどこへ行ったのか。

 

いつしか自分は普通のマジックじゃイケない身体になっていたのでした。

目先の知りたいという気持ちを優先したことで、本当の喜びを感じる機会を自ら潰してしまっていたのだと気づいたときにはもう手遅れでした。

 

新垣結衣のおっぱいを見られたら、それは果たして幸せなことのか?

さて、ここからが本題。

「ガッキーのおっぱいを見られたら、それは果たして幸せなことのか?」

察しのいい方なら、ここまでの流れでもうわかったでしょう?

僕の回答は、”幸せ”です。

 

冗談です。でも一方では事実です。

ただしそれは一時的な幸せに過ぎません。

今のガッキーを可愛い、最高!と思って見られるのは、あの清純なガッキーであるからなのです。

 

ガッキーは確かに可愛い。

でも、ガッキーくらい可愛い女の人はこの日本にはたくさんいるはずです。

それはAVの世界でも同じこと。

今やAV女優は普通の女優と同じくらい、もしくはそれ以上に可愛いなんてことざらにあります。

たとえば、

f:id:komekui:20161231020544j:plain

f:id:komekui:20161231020551j:plain

f:id:komekui:20161231020558j:plain

f:id:komekui:20161231020603j:plain

f:id:komekui:20161231020608j:plain

 

可愛い。。。

 

一方で

f:id:komekui:20161231020830j:plain

 

可愛い。。。

ガッキーはやっぱり一番可愛い。

一番可愛けど、それは圧倒的に一番可愛いかと言われるとそうでもないです。

ガッキーが東大だとしたらAV女優たちも阪大くらいの実力は全然あります。

一般の女優、グラビアアイドルは良くて早慶、大概がmarchです。

 

しかし、この「世はまさに、大可愛い時代」の最中、ガッキーをガッキーたらしめているのは、純粋な可愛さなぞではないのです。それはガッキーがガッキーであるというところにあるのです。

 

我々は、「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」に価値を見出しているのではなく、「ガッキーがガッキーであること」に価値を見出しているのです。

それは本田翼でも同様です。

 

 

すなわちガッキーのおっぱいを見るという行為は「ガッキーがガッキーであること」を損なう行為なのです。

しかし、それは「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」を損なうものではありません。

 

あんなに渇望していたガッキーのおっぱいを見るという目的は、それを果たした瞬間に価値がなくなってしまうものだったのです。

 

まるで観測されることでそのふるまいが変わる電子みたいですね。

あ、この動画本当に面白いので見てみてください。

www.youtube.com

 

しかし、それは、「ガッキーがガッキーであること」に価値を見出している人に限った話で、「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」に価値を見出しているにとっては、幸せなことじゃないか?

そういう意見が当然出てくると思います。

しかし、問いたい。

「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」に価値を見出す人間なら、果たしておっぱいだけで満足するのか?と。

ガッキークラスのルックスの人がもっと過激なものを見せている一方で、おっぱいだけで満足できるのか?と。(いや、できるはずがない)

そうなるとおっぱいを見られることそれ自体の価値はゼロよりは上であるものの、大きな効用とは言えないと思います。

 

 

 

最後に

じゃあガッキーのおっぱいは誰も幸せにしないのか?

「いいんです…私のおっぱいは、誰も幸せにしないんです…」と嘆くそこのガッキー、安心して欲しい。

あなたのおっぱいは、それを見る資格のある人には幸せを与えてくれるものになるはずです。

働きながらでも毎日ブログを書いたことでめっちゃ仕事できるやつになった。

という妄想です。

はい、読むのやめないでくださいね。

でもね、これは結構本質だと思うんですよ。

めちゃめちゃ忙しいといっても、一日わずか30分程度も捻出できない忙しさの人なんて、果たしてどれだけいるのでしょうか。

 

逆にね、1日30分を捻出するために、ただそれだけのために仕事を早く終わらそうっていう気持ちになるんですよね。

一見無駄にも思えるこの30分のために、逆に普段の仕事がめちゃくちゃ早くなる。

 

ネテロの百式観音と一緒ですね^-^

f:id:komekui:20160816010539j:plain

両掌を合わせてから攻撃に移るという一見命取りにもなりえるこの無駄な動作をするその瞬間だけが
ネテロのスピードが王すらをも凌駕するというこの矛盾現象

 

これです。

多分ネテロもブログを書く時間を捻出するために、祈りを早く終わらそうって頑張ってたりしてたんじゃないですかね。

「今日はブログに書きたい出来事があったから巻きで祈ろっ」って。

 

 

絶対みんなどっかしらの時間を無駄に使っているし、その時間を捨ててほかのことに当てれば、やりたいことをやる時間なんていくらでもできるんですよね。

 

僕もかつては、「今日はさすがにレポートやらなきゃ」つって、「ごめん今日は遊べないわ、パスで。」って言ったにも関わらず、家でずっとYouTube見て結局何もしないなんてことざらにあった。というかその記憶しかない。

物心着いた時から友達の誘い断ってはYouTube見てたっけな…

だから、要はこういう時はちゃんと遊んで、やべー遊んじゃったーレポートやろってなるのがベスト。 

 

小学校を思い出してみてください、一番遅刻したのは、一番学校に近かったやつじゃないですか?逆に一番遠い家の子は絶対遅刻しなかったんじゃないですか?

あなたが勉強がダメになって塾に通うために断念した部活動のライバル兼恋敵は、勉強も部活も両立していませんでしたか?

そしてそのあとあなたに進研ゼミを勧めませんでしたか?

 

そういうことなんですよ。

 

1分1分の積み重ねを大事にして、一日に20分を捻出する。

その20分を好きなことに費やす。

これで1年もしてみれば大きな差が付いているんじゃないでしょうか。

お昼にコンビニに行かないで、朝にまとめて買っておけばいいんじゃないんでしょうか。

髪を洗う、乾かす時間を減らすために坊主にすればいいんじゃないでしょうか。

 

 普段のちょっとした時間の使い方、考えてみてはいかがでしょうか。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……いや

なにもそんなストイックなことしなくてもいい。

シコる時間をなくせばいいんだ。

単純な話だ。

それだけで1日1時間捻出できるはず。

みんな忙しい忙しい言ってるけど、この1時間を週の半分自分のことに回してやる。

それだけでその先の人生は大きく変わっていくんじゃないんだろうか。

 

 

 

 

 

全然関係ない話になるんだけども、孫正義さんの大学時代のエピソードで、”大学時代一日5分だけ発明の時間に充てた。それ以外は全部勉強していた。勉強の絶対時間だったら誰にも負けてない”的なこと言ってて、すごいストイックだなぁーと思ったんですけど、在学中に彼女作ってるし、というかなんなら結婚してるし、「割と色恋楽しんでるやーん」って思ったの僕だけですかね?

あと発明の5分以外は全部勉強してたってことは、在学中はずっとオナ禁してたってことですかね?

だれか教えてくださいな。

f:id:komekui:20160825234224j:plain

 

パスワード設定時「英字数字混ぜて」っ言うなら入力時にもそれ言え!

こんにちは、パスワード悩み中の米食い太郎です。

 

ほんとパスワード、厄介っすわ。

 

続きを読む

音楽やラジオを流しながら部屋の掃除をすると絶対はかどらない理由

こんにちは、汚部屋暮らしのkomekuiです。

 

3月4月はいろいろな節目ですね。

 

そろそろ年末でリセットしたはずの部屋が汚くなってくる頃だと思います。

季語にも使われてますよね、「大掃除の効き目が切れた」が春の季節を表す季語というのはあまりにも有名な話です。

 

続きを読む

そろそろ旅行行ったときにお土産買ってくるシステムやめにしません?

どうも、お土産買わないブロガーのkomekuiです。

 

お土産不要論についてです。

 

続きを読む

アイドル無課金勢が純粋に可愛い10人を選んでみた

アイドル大好きブロガーの米食いです。

とはいってもそこまでのガチ勢ではないんです。

というか趣味としてたしなむ程度なんで、胸は張れないです。

グッズとかは買わないです。ライブも行ったことはないです。

無課金ポリシーでアイドル好きやってます。

ポパイがタバコふかすくらいのたしなみです。

ほんとに最近いろいろなアイドルがわんさか出てきてキャッチアップしきれません> <

ちょっと最近見つけたアイドルと、無課金勢の僕が好きなアイドルをそれぞれのグループから選びました。

(た、ただの備忘録だから…)

 

続きを読む