読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は穀潰し

穀潰しにならないように頑張ります。パン派です。

ガッキーのおっぱいを見られたら、それは果たして幸せなことのか?

スポンサーリンク

マジックの種を知ること

一旦前座です。

結論を急ぐ人は読み飛ばしてください。

 

先日、間近でプロのマジックを初めて見ました。

 

一時期マジックにはまっていたこともあり、簡単なマジックならば、種は知ってしまっているという状態だったんですね。

このマジックどうなってんの~?

その好奇心に突き動かされてネットで種を探しに探して、ようやく見つけて、そのときは「ほえ~そんなことになってんのね~」と感心して満足感に満ち溢れたんです。

一般的にわかりやすい例で言うと、アイドルの流出写真を見つけた感覚ですよね、おそらく。(僕はそういうの疎いんでわかりませんが)

 

しかし、先日間近で見たマジックはまさにその種を使っているものでした。

本来であれば、

「出た~~テレビでよくあるやつ~~!!マジで間近で見ても全然わからない!!!どうなってんの??本当にこの人は、この人だけは”魔法”というものを本当に使えるんじゃないか?もしかして」

というリアクションをできたはずなものを、お酒が入るといっつも同じ話をする上司の、3回くらい聞いた話を初めて聞く体のときのリアクションになってしまいました。

 

マジシャンもちょっと困惑していました。

「あれ?これ鉄板なんだけど?」つって。「ここ笑うところですよ」的な雰囲気を醸し出していたりするもんです。

 

終始、「あーなんか知ってる、一回種明かしみたことあるような気がするな~このマジック」という気持ちで見てしまったのです。

 

 

 

ここでようやく僕は自分が不幸な身体に変わってしまっていたことを発見しました。

 

 

純粋にカードが消えることを不思議に思い、「これは本当に魔法。」と信じていた頃の自分はどこへ行ったのか。

 

いつしか自分は普通のマジックじゃイケない身体になっていたのでした。

目先の知りたいという気持ちを優先したことで、本当の喜びを感じる機会を自ら潰してしまっていたのだと気づいたときにはもう手遅れでした。

 

新垣結衣のおっぱいを見られたら、それは果たして幸せなことのか?

さて、ここからが本題。

「ガッキーのおっぱいを見られたら、それは果たして幸せなことのか?」

察しのいい方なら、ここまでの流れでもうわかったでしょう?

僕の回答は、”幸せ”です。

 

冗談です。でも一方では事実です。

ただしそれは一時的な幸せに過ぎません。

今のガッキーを可愛い、最高!と思って見られるのは、あの清純なガッキーであるからなのです。

 

ガッキーは確かに可愛い。

でも、ガッキーくらい可愛い女の人はこの日本にはたくさんいるはずです。

それはAVの世界でも同じこと。

今やAV女優は普通の女優と同じくらい、もしくはそれ以上に可愛いなんてことざらにあります。

たとえば、

f:id:komekui:20161231020544j:plain

f:id:komekui:20161231020551j:plain

f:id:komekui:20161231020558j:plain

f:id:komekui:20161231020603j:plain

f:id:komekui:20161231020608j:plain

 

可愛い。。。

 

一方で

f:id:komekui:20161231020830j:plain

 

可愛い。。。

ガッキーはやっぱり一番可愛い。

一番可愛けど、それは圧倒的に一番可愛いかと言われるとそうでもないです。

ガッキーが東大だとしたらAV女優たちも阪大くらいの実力は全然あります。

一般の女優、グラビアアイドルは良くて早慶、大概がmarchです。

 

しかし、この「世はまさに、大可愛い時代」の最中、ガッキーをガッキーたらしめているのは、純粋な可愛さなぞではないのです。それはガッキーがガッキーであるというところにあるのです。

 

我々は、「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」に価値を見出しているのではなく、「ガッキーがガッキーであること」に価値を見出しているのです。

それは本田翼でも同様です。

 

 

すなわちガッキーのおっぱいを見るという行為は「ガッキーがガッキーであること」を損なう行為なのです。

しかし、それは「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」を損なうものではありません。

 

あんなに渇望していたガッキーのおっぱいを見るという目的は、それを果たした瞬間に価値がなくなってしまうものだったのです。

 

まるで観測されることでそのふるまいが変わる電子みたいですね。

あ、この動画本当に面白いので見てみてください。

www.youtube.com

 

しかし、それは、「ガッキーがガッキーであること」に価値を見出している人に限った話で、「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」に価値を見出しているにとっては、幸せなことじゃないか?

そういう意見が当然出てくると思います。

しかし、問いたい。

「ガッキーがガッキーの見た目をしていること」に価値を見出す人間なら、果たしておっぱいだけで満足するのか?と。

ガッキークラスのルックスの人がもっと過激なものを見せている一方で、おっぱいだけで満足できるのか?と。(いや、できるはずがない)

そうなるとおっぱいを見られることそれ自体の価値はゼロよりは上であるものの、大きな効用とは言えないと思います。

 

 

 

最後に

じゃあガッキーのおっぱいは誰も幸せにしないのか?

「いいんです…私のおっぱいは、誰も幸せにしないんです…」と嘆くそこのガッキー、安心して欲しい。

あなたのおっぱいは、それを見る資格のある人には幸せを与えてくれるものになるはずです。

広告を非表示にする