読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は穀潰し

穀潰しにならないように頑張ります。パン派です。

生きる知恵的ななにか

老害の「若い時の苦労は買ってでもせよ」を物理学的に解説してあげる

「若い時の苦労は買ってでもせよ」 という言葉がある。 これを初老の上司に言われたらなんだかムカついて、すんなり自分の中に入ってこないと思う。 それくらいに僕はまだ若い。 でもよくよく考えると、当たり前っちゃあ当たり前のことでもある。正しいこと…

オナ禁を1か月以上続けることで獲得できるのは「矜持」以外の何者でもない

2017年の目標として、ぜひオナ禁を掲げる人が一人でも増えてくれたらいいという思いで書いてみる。 まずはこれを読んでほしい。 www.stoicman.site オナ禁をするメリットをまずは自分で見出してほしい。 その上で自分の観点からオナ禁によって得られるものを…

パスワード設定時「英字数字混ぜて」っ言うなら入力時にもそれ言え!

こんにちは、パスワード悩み中の米食い太郎です。 ほんとパスワード、厄介っすわ。

音楽やラジオを流しながら部屋の掃除をすると絶対はかどらない理由

こんにちは、汚部屋暮らしのkomekuiです。 3月4月はいろいろな節目ですね。 そろそろ年末でリセットしたはずの部屋が汚くなってくる頃だと思います。 季語にも使われてますよね、「大掃除の効き目が切れた」が春の季節を表す季語というのはあまりにも有名な…

人と会うときに交通費を気にしてしまう僕はセコイのか

いや、セコくない。

有料記事にアレルギーがある人は負け組体質かもしれない

最近有料記事って流行ってるですかね? ブログ界隈では、はあちゅうさんを皮切りにイケダハヤトさんなどが有料記事を始めているみたいなんですが、 (今月の月刊はあちゅうの売り上げ (noteでの全売上げ)を解説つきで公開します!(2015年12月分)|はあち…

トイレ内ヒエラルキーで逆転の一手

学校のトイレでうんこをしてはいけない。 それはこの世界の秩序を守るために唯一定められて戒律。 というのは子供の頃の話で、大人にもなった今やもはやトイレでうんこをしていたからといって槍玉に挙げられるなんてことはさすがにないよね?

おまえは今まで剥がしたかさぶたの数をおぼえているのか?

最近どう?みんなかさぶた剥がしてる? もう大人になってかさぶたを作ることなんてないなんて人ばっかりか しばらくしたらかさぶたじゃなく身に覚えのない青たんができるようになるのかな おーコワ 今日はかさぶた論について書いてみたいと思います。

無料のカットモデルで失敗した話

先日、お金のなさと冒険心からいま巷で話題の無料カットモデルをやってみた! 実際に無料のカットモデルってどんな感じだったのかリポートしていく。

僕はもう正論など言わない……ようにしたい

先日youtubeを見ていて、この動画が目に入った www.youtube.com ここで初めて文字上だけじゃないノエル君を垣間見たわけだが、一言で感想を言うならば、クソガキやな、だった。

油断してるとゴミみたいな情報をありがたがってしまうんだよね

今や情報化社会なんか言われている中で、本当に多くの情報が溢れている。 なんでもインターネットにある情報だけでも10年前の410倍もあるらしい。インターネットに存在する情報は18ヶ月で2倍になっているらしい。恐ろしい。 そんな情報が氾濫してい…

世の中のすごい人が唱えてるからたぶん正しいんだろうなと思う○○した方がいい論、7選!!

僕は割と本が好きな方だと思う。 その中でも特にハウツー本とか自己啓発本といった類のものをよく読む。ぎゃくに小説系はほとんど読まない。何か自分の生活や人生のためになる知識や考え方を本から吸収して日々の生活をブラッシュアップしていきたいという思…

小銭拾いし者にならないために

僕は目先の利益を取ることをよく小銭を拾うという風に表現する。 日常生活のちょっとした場面でこの考え方をしてみると役に立つことがある。

頑張らないのは精神が弱いからじゃなくシステムのせい論

そろそろ朝も冷え込む時期になってきて、おふとんから抜け出すのも段々と難しくなってきた。寒さに耐えられず今日も一発では起きられず二度寝をしてしまった。 果たしてこの原因は僕の精神が弱いということに帰着するのだろうか。

ゲームは1日1時間。ブログは1日30分。

最近ブログを書く事が定着してきて、暇な日は3つくらい書いてみたりすることもあるくらいには慣れてきたと思う。 しかしいかんせん、時間がかかる。時間をかけてしまう。ブログそのものを書く作業よりも、以前自分が書いた記事がどうだとか読み返してみたり…

成功の秘訣はやることを決めるよりやらないことを決めるにありか?

12月13日までの当面の課題としてTOEICを設定した。そしてやることも決めてみた。 komekui.hatenablog.com これを遂行するためには最低限計画通りにやらなくてはならないのだが、果たして代償を支払わずに遂行できるのだろうか。

何かにすぐ取りかかれない原因を発見した

今の自分はやることがてんこ盛り状態である。なのに、一日を振り返ってみると、あれ?意外と進んでないじゃん。空白の時間がある。おかしい。なんて思うことが多々ある。特に1日中空いていたのに、夜振り返ってみると5時間分くらいしかこなせてない。 あれ…

ふと誘惑に負けそうになったときに問いかける自分への問

人は1日の中の様々な場面で選択をしている。 朝何を食べようか。 いつもパンという人は、パンの上に何をつけようか。 いつもマーガリンという人は、トースターの右サイドに置くか左サイドに置くか。 そんなこんなで無数の選択の中から選んで行動しているらし…

”褒め”がコスパ良過ぎることに気がついた。

先日、2時間くらいの作業をすることがあったのだが、一緒に作業をした人が平愛梨にすごく似ていた。マスクをしていたというのもあってか、目元と髪型それと話し方なんかも平愛梨っぽくって、平愛梨は兄弟が多いってどこかで聞いたことがあって下手したら血縁…

反省するなら減点法がよろしいですよ

数日前から意識高い系生活を始めると決意した僕だが、やはりまだいきなりシフトするというのは難しいみたいだ。まだまだ自分に甘いところもある。だがしかし、決意前後で明らかに時間の使い方の意識や、実際の勉強量など変わったところは多々ある。 ここで、…

成功までの道のりを具体的にする方法

何かを成し遂げるためには、ゴールから逆算するなんてことを聞いたことがある。実際みんなよく使っている。個人的にはこの言葉を使う人はあまり好きじゃない。もちろん自分でも逆算するのだが、それだけではうまくいかないことが往々にしてあるわけで、あた…

退屈な話を無駄な時間にしない一石三鳥の方法

大学の授業というものは往々にして退屈なものである。まるでいかに退屈にさせられるかを競うように教授たちは独りよがりなおしゃべりを続ける。 あ、本筋から外れてるないま、ここは聞かなくて大丈夫。そう思ってスマホをいじるなり内職をするなりあまつさえ…

人は情に厚くあるべきなのか

僕は自分をなかなかの現実主義だと思っているし、現実主義者でありたいとも思っている。 だから人の感情だとか、思いやりということに対する倫理観?のようなものが希薄だと感じている。 これは果たして悪なのか。

スキマ時間を利用することで思わぬ副産物が得られる

www.goodbyebluethursday.com 先日このコンビニでクレジットカードでの支払い推奨する記事を読んでこの記事を書いた。 komekui.hatenablog.com

日常での1分の積み重ね

先日この記事を読んだ www.goodbyebluethursday.com 要するに、現金支払いとクレジットカードで支払う時間の差は微々たるものだけど(10秒くらい?)1年間にしてみれば40分にもなり(この人の場合)、もっと言えばレジに並ぶ人みんながクレジットカードを使…

早寝するのが辛いワケ

早起きが辛い訳は、早く寝ないから。これに尽きる。 早く寝ないと早起きできないとわかっていても早く寝られない訳は諸説ある。僕が一番納得感がある理論は「今日に満足していないから、夜に日中の行動を取り戻そうとする」というものだ。

自己中な人が嫌われないためのマインド

世間一般では自己中心的な考えの人はあまり好かれない傾向にあると思うが、それは中途半端なは自己中で、究極的に自己中、自分の利益を最大限にすることを一番に考えていればむしろそれは好かれるんじゃないかと思う。

嫌なことをやって成長するのか、嫌なことをやらないで成長するのか

僕は大学に入ってから色々と成長する機会があったと思う。 それは特に人との関わり方に関することが多かった。 そのなかで自分なりに試行錯誤して改善していったことが多かったのだけれども、今思い返すと自分が成長したパターンは二つに分けられる。

就活も人生もさしづめ”わらしべ長者Ex”

先日ようやく就活を終えた僕だが、一般的な大学生に比べたらなかなか遅かったと思っている。それは自分のやりたいことが見えなかったり、面接が苦手だったり、面倒臭くなってサボってたりそういった理由からだった。 内定を頂いたところはIT企業で、職種はエ…

美女とイケメンは謙遜の仕方を考え直してみるべきだ

今日とあるきっかけで、ふと小学校か中学校の国語の教科書に載っていた菊池寛の「形」という話を思い出した。

常識化するということ

「7つの習慣」や「人を動かす」、いろいろな自己啓発本などあると思いますが、その本を読んだあとでは、やる気に満ち溢れているはずが、1ヶ月もすればその時の情熱は何処へやらといった状態に陥ってしまう経験、多くの人があると思います。 私もそのような…